2009年09月04日

メタボ会社は、この大不況を乗り切れない!


ビジネス(経営)は同じ状態を保ち続けると、
必ず余剰な仕事が作られていきます。


人間に例えると…「メタボ」!


好きなだけ食べて動かなければ体は
「メタボ!」になります。


これをビジネス(経営)に例えるなら、

計画・管理されないビジネス(経営)をしていると、
不必要な仕事が発生していく。


この状況が会社のあちらこちらで発生し
それがドンドン蓄積していきます。

その結果、メタボ会社の誕生です。


100年に1度の大不況下にある今、

メタボ会社では、到底この状況は乗り越えられません


賢明な会社ほど、先を見越した予防的な活動を
どこよりも早く取り入れます。


半歩の差が、大きな差となり、その結果、

大不況でも乗り越えられる会社と
消えゆく会社の命運が決定します。




この処方箋は大きく分けて2つ。


・売上を上げる

・経費を下げる



当たり前のことですが、この2つしかないのです。



売上を上げて、利益を出し、会社にキャッシュを残す
経費を下げて、利益を出し、会社にキャッシュを残す



この2つ、相反するものではありますが、
『利益』『キャッシュ』の観点から見ると、同じことなのです。



では、今の世の中の流れからは…

あなたの会社で、売上を今より伸ばすことは、可能ですか?



多くの会社が難しいですよね。
世の中の9割以上が売上不振で悩んでいるのですから。


自動車、電気など、日本を支えてきた産業が下火である以上、
どうしても、下請けをはじめ、他の業種も影響を受けてしまいます。


もちろん、売上を伸ばす会社もありますが、
それはごくごく一部の会社の話です。


現実は夢物語ではありません。

まず、実践できることからしていかなくてはならないのです!



一方、経費を下げることはどうでしょう?


例えば、

ガソリンを『ハイオク』から『レギュラー』に変えたら、
1リットル当たり10円変わります。

1ヶ月で1000リットル使うのであれば、その差は1万円になります。


しかも「普通車」から「軽自動車」に変えれば、
自動車税や保険料だってかなり安くなります。

もっと言えば、職場が近くであれば、できるだけ自転車を使うことで、
ガソリン代や駐車場代を安くすることだってできます。


極端な話をすればそういうことです。
(上記の例はあくまで極端なお話です。)



伝えたいのは、『コスト削減』、つまり、
経費を抑えることはそんなに難しくない、ということです。


あなたがやろうと思えば、今日からだって出来るのです。


しかも、相手がいません。


ビジネスの世界で相手がいないのに、利益が出せるのですから、
これをやらない手はありませんよね。

posted by コスト at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

不況

この頃は不況・不景気と言われ、
よく耳にする言葉となりました。


不況とは、景気後退ともいわれ、
景気が良くないことです。


不況は時には、負のスパイラルをうむ場合があります


スパイラルに陥ってしまうと、落ち込んでしまいがちですが、
この不況の中での地道な努力が、不況を脱出した場合、
うまくまわり始めることもあるのです。


不況を最大のチャンスととらえ、
経営や経費などのムダを見直してみましょう


この経費のムダを減らすことで、
不況を脱出する手段にもなりますし、
後々の経営が良い方向へ進む道にもなりえます。


経費のムダは限界まで削っていると思っていても、
意外な発見が見つかる場合もあります。


いつまでも不況は続くものではなく、
必ず回復し、好況へ向かいます。


不況はそれまでの準備期間ととらえ、
経営に関するさまざまなことの見直しを行いましょう。


コツコツと積み重ねることで、
その時は小さいものであっても、
大きな成果を生むときは必ず来るといえます。


それは大企業であっても、
中小企業や零細企業であっても同じといえるでしょう。
posted by コスト at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 不況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


saigo.gif







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。