2009年09月23日

車両費の正しいコスト削減


ビジネスを行う上で、営業や配送といった目的のために
社用車を用いることがよくあります。


これらを利用する従業員はもちろん、管理する側においても、
社用車の利用はごく当たり前のことと考えられているでしょう。


そのため、社用車の利用が

・適正であるか
・ムダはないか
・改善すべき点はないか


といった視点からとらえられることはあまりありません。


また、車両費のコスト削減とは、

  単純な、社用車自体の台数を減らす

くらいしかイメージが湧きにくく、

社用車を利用している従業員には、
車両管理部門の問題であり、自らコスト削減を推進していく
という発想や取り組みが少なくなります。


こうした点から、ほかの部門のコスト削減と比較して、
車両費コスト削減の対象となることが少なく、

企業のコスト削減への取り組みにおいても
見過ごされがちといえます。


しかし、コスト削減とは

  企業力や生産性を高める取り組みであり、
  利益を生まない活動を見直すもの


です。


そのため、車両費といえども、そこにムダが存在するならば、
コスト削減の対象として、しっかりと対応する必要があるのです。


そのため、車両費のコスト削減を推進するためには、
自社の車両費におけるムダ、ムラ、ムリ
従業員に分かる形で周知させ、

車両費コスト削減の対象となるものであるということを
全社的な共通認識としていくことが何よりも大切となります。



車両費のコスト削減は、
車両費の内訳を細かくみていくことから始まります。

まずは、従業員に

・車両費には、いったいどのようなコスト削減があるか
・自社の車両費におけるムダ、ムラ、ムリはどのようなものか


を理解してもらうことで、
車両費のコスト削減に対する意識を高めましょう。



また、車両費のコスト削減を推進するためには、
細かな車両費の内訳を全社的に把握することが大切です。

そうすることで、それぞれのムダやムラが顕在化し、
車両費の削減が実現可能となる
からです。



なお、車両費の正しいコスト削減ノウハウ
具体的な手法、成功事例などは

以下を参考にしてください!!

  >> 利益に直結する正しい経費削減・コスト削減ノウハウ



posted by コスト at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両費削減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


saigo.gif







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。